2009年08月14日

許せない

この間私の友達とその彼が別れる現場にたまたまい合わせる
ということがありました。
その彼女と彼は携帯電話の電話帳のことでもめにもめて
結局彼の方が別れを切り出すということになってその場では別れてしまいました。
けれども昨日友達に電話をしたら、二人は前のように戻ったということでした。

一応よかったなぁ。と思う部分はあったけれども、
私は本当にこれでいいのかなぁ?っていう思いもありました。
その二人は今までに3回別れを繰り返しています。
しかもその3回は今年に入ってからです。
また同じように別れを繰り返すんじゃないかなぁ?そんな心配がありました。

はたから見ている私にとっては
もうそんな彼とは別れた方がいいんじゃないかなぁ?と思ったりもしました。
彼女にそれを話しても「彼のいない生活は考えられない」の一点張りで
「彼のことを好きなのかどうかは自分でもよくわからない」
「ただ今までずっと彼と過ごして、彼はもう生活の一部だから」といいます。

生活の一部になっているというのは、果たして付き合っている意味があるのでしょうか?
確かに生活の一部がなくなってしまうのは自分にとってツライことだと思います。
けれどもそれだけの理由で好きかどうかわからない相手と一緒にいるのは
お互いに成長できないのでは?と思います。

ただなんとなく一緒にいる、というのも、ドキドキする期間を過ぎて
落ち着いてくると必要だとは思います。
でもそこまでなってもそうして一緒にいるのはどうでしょう。
当人達にとってみると「大きなお世話」ってとこだと思うけれども、私はそう思います。

私も別れてくっついてと繰り返した経験がありますが、そういうカップルって
一部を除いてはもう終わりに近づいているんじゃないかなぁ?って思います。
自分がそれをしている時点では全然気づかなかったりしますが、
どちらかが別れたいと思っているとそうなる傾向が強いと感じます。

片方は別れたいから些細なことでもすぐに別れにもっていこうとするけれども、
もう片方は別れたくないからなんとか戻そうとする。
そして別れようと思っている方が折れるからまた戻って、
でもやっぱり別れたいから別れを繰り返す、と悪循環しているように思います。

別れを切り出す方としても、まだ迷いがあるからこそ別れたくない、
などの言葉に折れてしまったりするのだと思うけれども、
別れを言う方も言われる方も疲れてしまいますよね。

もしも自分がそういう状況になってしまったら、相手が本当に自分にとって
必要な人なのかどうかもう一度冷静に考えてみてはどうでしょう?

その人を真剣に追うほどあなたにとってその人は大切な人ですか?
別れたいと思っていても折れてしまうほどその人は大切な人ですか?

自分の気持ちに素直になって正直に気持ちを相手に伝えることも
時にはやさしさだったりします。最後まで誠意をもって接しましょう。









・記事抜擢

人間素直が一番ですね
posted by 韓国デリバリーヘルス一人 at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。